スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さん、お誕生日おめでとう。

  • 2006/01/30(月) 12:19:11

DSC00230.jpg


操さん、私がこっちに居るうちに早く来てしまいなさい!
お母さんが何歳になったかなんてもう覚えてないよ・・・。
私の記憶からすると誕生日は35歳で止まってます。

そ、それでいいんだよね!
うん、今年お母さん35歳だよね!?

いつもいつも、本当にありがとう。

それでは小話を。

一番記憶の奥にある、お母さんの記憶、たぶん、一番クリアに覚えてるやつ。住んでいた茂原の家の記憶かな。

風で寝込んでいて、熱っぽくって、吐き気があって。
テレビの部屋の隣に寝ていて、枕元には、緑の桶。
緑の桶はいつでも吐いていいように、ティッシュが敷き詰められている。私は白っぽいパジャマを着ていて、口の中は胃液のにおいがして心底気持ち悪いときた。


気分も最悪。早く幼稚園いきてえなぁー。

あの江口君、もてるよなぁー・・・。好きなんだけどなぁ。
江口君は足が早かった。

スカートめくりされないかなー・・・。

(当時はどうして男の子がスカートめくりするのか、知ってた。女の子にキャー!って言わせたいだよね。もう!H!とか言いながら、こいつ、気があるんじゃねーかと、ほくそ笑んでた。うわ!この悪女ぶりを今発揮したいトコだぜ。幼稚園児にしてはマゼガキだ)

そんな時、体ががくん!ってなった。
すごい地震で、ぎゃおん!って思った時に、体が、ふわって浮いた。

黄色いセーターを着た母親が、私の体を担いで、外に向かって駆け出した。家の中ではすごい音がして、母親、びゅん!って表に出た。

そこで記憶は止まっているんだけど、母親の黄色いセーターがすごく鮮やかで。表にでて、私の体に半纏をかぶせてくれた。黄色いヤツ。


最近の母親の新しい記憶はね。
鴨川の家を父と私と母で見に行って、昔父親と母親が住んでた所を見てみようツアー。

あちこちを回っていくたびに、色々な逸話を聞いた。
「あ!ここがね?」 「そこでさぁ?」 「一人で泣きながらさぁ?」

そのときの母親の声音が、なんだか、自分の知らない声だった。
母親と娘の会話じゃなくて、一人の人として話してる口調。
私の生まれる前の出来事を話す母親はなんだか、不思議だった。
母親、妻、その前に、人であって、私は母親と対等に話せる歳になったんだなぁって実感した瞬間だった。

この二つの記憶にすごく大きく違いがある。

昔の記憶の母親は、母親、でしかない。

でも、今の新しい記憶は操さんだ。
母親ではなくなったというわけじゃないけど、今は操さんと呼びたい気分だ。


ていうことで、操さん、早く留学しようぜ!
バックアップは任せてください!





スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ステキなお母さんだね☆

  • 投稿者: まいまい
  • 2006/01/30(月) 22:04:01
  • [編集]

タフだねえ・・・うちのお母さんは。

でも一生懸命なお母さんが一番好きかなぁ。

てか、最近自分の行動がお母さんに似てきている。お米の研ぎ音が似てきてる。ちぇ。

  • 投稿者: Nami
  • 2006/01/31(火) 03:05:36
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2006/01/31(火) 06:10:28
  • [編集]

うれしい事言ってくれるじゃん!
涙・涙の感激メッセージをありがとう。
けど・・サービスし過ぎは親子共々欠点だね。
・・ポーツマス!・ポーツマス!・・

  • 投稿者: 操
  • 2006/01/31(火) 18:20:11
  • [編集]

あー!!!
ずるい!猫ひろしじゃん!
さすがワハハ会員だけあるぜ。

猫ひろしをネタで盛り上がった父、母、娘 2006・・・ニャー!

お誕生日おめでとう!
縦社会、縦社会!

  • 投稿者: Nami
  • 2006/01/31(火) 18:49:28
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。