スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一、日本人。

  • 2005/06/28(火) 19:44:08

夜、男前なお兄さんとコーヒーを飲んでて、乙一という作家の小説と、韓国の友達の話と、自分が日本人であることを受け止めなきゃいけないという事を思い出した。

乙一の話は、
ある教師が厳しすぎて、小学生の生徒が反感を持った。それに気づいた教師が取ったある政策とは、一人の生徒を集中的に苛め抜いて、他の生徒達に安堵感を与えることだった。

学校の中で、自分より位が低い人間を見下し、自分の位置を確認し、安心感を持つ。

つまり、学級の中で、えたひにん、を作ることだ。

(えたひにん、とは差別用語で使ってはいけない言葉。本当にすいません。自分のボキャブラリーが少ないがためにproperな言葉が浮かばないことに対して、腹が立ちます)

江戸時代の頃、飢饉で年貢が上がりっぱなしだった時に、政府が提案した策がえたひにん制度。

いまだ根強く残り、傷跡は残る。




近代の日本、戦火の中の日本。
厳しい政策の中で日本国民はそういう事をし、生き延びた。
自分より格下の人を作り、厳しい政策に耐えられるようにした。
いうなれば、日本国民たちに、はけ口のようなモノを与えた。
それが日本に住んでいる韓国の人々。

差別用語もまだ現代生きてる。

世界大戦真っ只中、韓国の人への概念は日本軍の兵士達の心に住み、虐待、虐殺をした。



そういうcruelな事をしたのは消せない事実。
次の世代に伝えなきゃいけない事。


そういう事実を私達、as Japaneseで受け止めなければいけない。

私は日本の国旗を背負ってアメリカで生活している。自分のありかたに誇りをもっているし、それが私のすべきことで、忘れてはいけない事。胸はって、私は日本人と言えるように。

今私はアメリカで勉強できるという幸運に恵まれて、平和に日々を過ごすことができる。日本人として、一個人として、受け入れてもらえてものすごく助かり、いとおしい。

でも

アメリカに来て、韓国の人に飲み会の席で言われたことを思い出す。

「俺、アメリカに初めて来て、日本人と一緒に勉強していくのに抵抗を感じた。俺達は親から、学校は日本人が汚いという事を刷り込まれてきた。知ってる?日本兵は俺達の皇后を強姦して殺したんだぜ」

正直ぐうの音もでなかった。そしてそういう事実を知らなかった自分を恥じた。何も言えなかった。「なんで知らんの?」といわれて、穴があったら入りたかった。
家に帰って、歴史資料集を引っ張り出し、調べた。小さいコラムに載っていた。

韓国の友達が習った歴史と日本で習った歴史は、当たり前だけれども、違う。でも、私知らなかった。知らなかったんだ。

いまだ、韓国の人は日本を憎んでいる面がある。

もう、昔だし、お爺ちゃんお婆ちゃん世代がやったことだし、俺らなんもしてねーじゃん、とは言えないよ。

だってwe are Japanese!だろ???

私日本人の血が流れてる、日の丸背負って生きてるからさ。背負っていかなければならない十字架であると思う。

反日運動はいまだに起こっている。

歴史を知らなきゃいけない。
起こった事実を受け止めなきゃいけない。
その上で、どうするかを話さなきゃならない。


まだ私は歴史をよく知らない。何にも分かってないし、何も見てない。自分でも恥ずかしいと思うよ。無知だしよ。

だからさ、もっと知ろうと思う。




スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

We are Japanese !
日本人として、韓国からの留学生と、もっと仲良くなれるとよいですね!
とてもよいコメントを読ませていただきました。

  • 投稿者: おさむ
  • 2005/06/29(水) 16:06:18
  • [編集]

ありがとうございます。
今となっては、韓国の友達がたくさんできて、お茶をしょっちゅうしています。ありがたい事です。

  • 投稿者: Nami
  • 2005/06/29(水) 16:37:16
  • [編集]

Namiちゃん。いろんな刺激をこっちで受けてるようですね。真面目に受け止めて、真剣に考えてる…それってすごく大事なことだと思う。是非、歴史やその意味を、自分でも確かめてみてくださいね。

  • 投稿者: TAKI
  • 2005/07/02(土) 17:18:13
  • [編集]

はい。Takiさんありがとうござます。
こっちでまだまだ勉強すること、学ぶことがいっぱいあります。
でもやっぱり、柔軟な考えを持つことが一番重要です。(と思います)
へへへ。

  • 投稿者: Nami
  • 2005/07/03(日) 14:18:32
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。