スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教授との出会い。

  • 2007/09/11(火) 12:41:38

週末に日本語の先生からメールが届いて、

「駒澤大学の生徒とCU生とで、ネットを通して
討論することになったので、是非、松井さんに協力してくださると助かるんですけれど。」

11月に、うちの日本語のクラスの生徒は日本語を使い、駒澤大学の生徒さんは英語を使い、トピックを作って、ネットでリアルタイムで、討論をする、と言う内容でした。

面白そうー!私何でもやりますから、是非使ってください!となって、

今日、日本語の授業の後、
駒澤大学の瀬戸岡 紘教授(経済学部で教鞭を取られてる)と、CUの日本語の教授と私とでミーティングをしました。

なんて面白そうな事をするんだろう・・・。
国境を越えて、自分らの勉強している言語で、意見を交わすなんて、しかも、Liveです。

こっちの午後四時、日本時間の朝8時に一時間、討論をする予定です。

私の仕事は、
もし、CUの生徒さんが日本語でうまく言い表せない時、などに助ける、最後のまとめの時に、サジェスチョンを入れる。

んんんー、日本語取ってて良かった☆
こんな面白そうなイベントに加われるなんて、めったにないなぁ。

そういうネットを通して国境を越えて討論をするのは、駒澤大学ぐらいだそうです。

他の大学は機材は持っているけれど、使わないらしい。
どうやら”大学事情”が絡んでる。

ミーティングの後、
教授が出版された本を直々に頂きました。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31645243

後でじっくり読もう。ご本人が書いてる本なんて生まれて初めてだ。

教授はボルダーを訪問して20年で、私よりキャンパスの事が断然詳しく、色々、建物を説明してくださったり、の教授が可愛いと思うイタリアルネッサンス調寮を二人で見に行ったり、本当に良くしてもらいました。
すごく気さくな方で、私も思わず、はしゃぎました。

「寮の写真を撮るから、真ん中立って」
ああ、この取った写真が駒澤の生徒に見られるのか、と思うと、化粧しとけば良かった、と思う。

千葉のことも詳しいそうで、色々、成田空港の事や、館山の事も話しました。

その後、教授が日本へ帰国する際に使うスーツケースを買うために、私の自宅に近いお店へガイドしました。

スーツケースが売っているお店への道中、色々なアメリカの経済と宗教観念、日本の学生、などをお話して下さいました。

一番印象に残ってたのはアメリカの中流社会の経済と宗教のリンク。

アメリカ社会にはキリスト教が浸透していて、切っては離せないもの。

一週間めいいっぱい働いて、日曜の朝に、すべてがリセットされるサイクルが適してる。

週の頭、日曜日に教会へ行って、リフレッシュして、、月曜日に、「さあ、働こう!」となるわけだ。

つまり、中流階級は”稼げる”

そういう話をしていた。
実に興味深い。


さて、目指すお店もわずかという時、日本語で会話していた私と教授に、日本人の方が、
「あれ、日本の方ですか?」と。

ボルダーを観光しにきた日本人夫婦二人とその旦那さんのお姉さんだった。

自己紹介やら、ボルダーの事で盛り上がって、30分ぐらい立ち話をしました。

その旦那さんのお姉さんは昔留学をしてたそうで、こっちに住んで長いらしい。

会話をしてるうちに、私の事を気に入ってくれたらしく、息子さんに是非紹介したい、と。

「あら?、私貴方をもらいたいわぁ?。息子自慢じゃないけど、大きいお家持ってるし、稼いでるわよー。ちなみに私の息子は37歳。私は大歓迎なんだけど、貴方若いから可哀想よねー。」

危うくお見合いしそうになった。でも三高らしいです・・・。

何かあったら連絡して下さい、と電話番号を頂いた。

んんんんー、出会いって面白い。
人との繋がりって何時、何処で起きるかわからない。

それにしても今日は面白い一日だった。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

うん、出会いって面白いよね。その人に出会うのってすごーい確率で(よく考えてみるとね)やっぱり運というかめぐり合わせというか。。
前に出会う人は自分の鏡って聞いたことがある。なるほどなーって思ったな。。いい部分も悪い部分もね。
一期一会、大切にしたいね。

  • 投稿者: kaori
  • 2007/09/11(火) 23:21:59
  • [編集]

会う人は自分の鏡か・・・。面白いなぁ。
今まで会った人を振り返って思い出しちゃうよ。

ああー、いい人だったなぁ、とか、おい、こいつ終わってるよとか思った奴も居たなぁ。
そういう人たちをひっくるめて、自分なんだろうなぁ。

  • 投稿者: Nami
  • 2007/09/12(水) 22:18:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。