スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロス。

  • 2007/03/04(日) 23:47:15

今日、San Francisco Museum of Modern Artへルームメイトのローレンと行きました。

感想。 ちょっとエロくて切ない。

アートってワケわかんないの多いじゃない。
だって、画を描くのって、何かを表現する事だと思うのね。
伝えたいものがある。だから筆をとる。
理解しがたい画であるほど、エロスを感じてしまう。自分の欲求のためにがつがつ肉体をむさぼる、どSみたい。だって私、そういう絵のコンセプトがわかんないんだもん。他人の理解を無視してるわけでしょ? なにかを“表現”してるのに、わけがわからないなんて、超どSじゃない。

き、きらいじゃない・・・そういうの。

人間って三大欲求がある。睡眠、食欲、性欲。でも性欲だけは他人が必要なわけで。

なんか、アートは自分一人では成り立たないと思う。描く人と見る人がいる。それは恋愛にも言える事で、好きになる人と好きになられる人がいる。
まぁ、恋愛と性欲はかなりリンクしてるしね。

恋愛はありとあらゆる手法で、自分がどれだけ求めてるかを、表現する。「愛してる」「いとおしい」「切ない」をas much as possibleで伝えたい。

アートって恋愛だなぁ。その必死さ。

モダンアートは写真展よりもエロさを感じた。アートは内なるものを吐き出す作業だと思う。写真は実際に目に映るものを写してるわけでしょ?物理法則は無視できないはず。でも頭ん中は法則ない。

絵を描くってなんでもありで。
写真よりも自由な気がする。でも、面白い事に、あんまり自由だとワケわかんなくなるよね。
物理法則を無視できないっていう点では写真はある程度自由の規制かかってるから、わかりやすいんじゃないかな、絵よりも。

“自分”の絵を描くって事は自分をとことん追及して、分析して、限りなく近い自分の内なる感情を表現する作業だと思うのね。だから他人に理解できない。

服、下着のもっと内側のモノを表現するわけだから、ずっと恥ずかしい。


自分も絵を描いたりするけど、何かの絵や写真を基にしてちょこっと色で遊んだりする程度なんだけど、法則もパターンも無視して描いたことがない。描くって事は誰かに見られる前提なので、レールから外さないようにする。誰かに見られる事を前提に、褒められたい、すごいって言われたい、そういう欲もあるし、同意をしてもらいたい、だから出来るだけ、理性を保って他の人にもわかりやすく描こうとする。他人とシェアしたいと思う。“見せたい”ってのが根底にあるわけだよね。

私の絵はちょっとブログとかに似てるかな。日記を公開するってのは他人のリアクションや同意、同情を求めてる場合もある。本当に日記書いているんだったら、カギ付きの日記帳でも買って、書けばいい。でも露出したいから私はブログに日記を書く。

なんて言ったらいいんだろうな。わけわかんないアートを見てるとすごく考え込んじゃうのさ。

どういう気持ちで、描いたんだろう。何がテーマなんだろうって。
だから、色使い、パターン、筆圧、細やかさ、大胆さ、そんなんで、限りなく描いた人の性格とかを分析し始めるんだけど、どれだけ考えてもやっぱり分らないのね。本人じゃないからさ。ああ、本人にしか分らないのね、と。


他人に理解できないような自分の感情をキャンバスにぶつけて。でもそれをゴリ押してまで他人に公開する。その強引さがたまんない。


何かを伝えたい事があるとき、私は表情や体を使って何万個っていう言葉を使って表現する。

例えば、「いとおしい」という感情を表現するとする。
いつ、どこで、だれと、どんな、を説明しなきゃならない。言葉だけだったら、100%伝わらない。頭の中を割って見てくれ!といいたいほど、難しい。私が「いとおしい」と思ったときは、この場所で、この人と、この服を着て、この匂いで、この日の光ぐあいで、ってものすごくspecificなわけさ。でも、リアルに画を描けば、それを完璧に伝える事ができない。だからあらゆる手法を使って表現しようとする。私が感じた五感そして六感を詰め込む。それを一枚の画にしたとき、「はぁ?」って思うと思うのね、個人的な「いとおしい」なわけだから。 


それに

ピカソの絵とか、1901年とか表記されてるのね。
なんだか不思議な感じ。

百年前の人が、筆をとって、一心不乱に、悩みながら、なにかのフィロソフィーを抱きながら描いた絵を見ることが出来るのって不思議な感覚。100年経っても直接触って見ることのできる感情の塊。

アートってすごい。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

私も先週妹たちと行って来ました☆
小さい頃美術館ってあんなおもしろいものじゃなかった気がします。
でも私は確かに楽しめた。
作者の本当に意図するとこなんてこれっぽっちも理解できてないんだろうけどでも見ていておもしろい、とおもえるんだから大人になったのかしら。。。

  • 投稿者: Saori
  • 2007/03/05(月) 11:38:41
  • [編集]

そうなの。考える以前に、すごいか、つまんないかで、絵をみてたからなぁ。おじさんになったのね、私。

  • 投稿者: nami
  • 2007/03/06(火) 14:45:54
  • [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2007/05/21(月) 04:28:19
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。