スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お隣さん3。

  • 2007/09/26(水) 23:55:32

朝珈琲を啜りつつ、芥川を読んでいた。
あー・・・面白いなぁー・・と思っていた矢先。

「ゴホッ、ンッ」

超咳払い。

なんだろうと思って振り返ったら、
隣のお坊さん、上半身裸で、くすくす笑ってる。

気づいて欲しかったらしい。

マジ、勘弁して・・腹よじれる。
この人出たての芸人かよ。


追伸

今日も朝一人で庭で珈琲飲んでたら、鶏がだね・・・いるのよ。 丸々と太った美味しそうな。 しかも団体さんのお着き。

ルームメイトが2週間前に「あのさ、庭でさ、鶏見た」
とか言ってたのを、「ちゃんちゃら可笑しいぜっ!」
って返したんだけど、マジで居るとは思わんかった。

やべえ、ボルダー七不思議だ。

1.会って5分で「君と付き合いたい」って言う人が居る。
  (ルームメイト談)

2.隣のチベット僧が本当に坊さんなのか。

3.猫がやたらフレンドリー。

4.鶏の団体さん。

あと3つぐらい、すぐ埋まりそうです。

今日も生きてます。

スポンサーサイト

隣人2

  • 2007/09/22(土) 17:04:10

クラブに詳しいお隣さん(チベットの仏教僧)が社会勉強に連れて行ってくれました(二回目)

メンバーはお隣さん3人、私とルームメイト。

行く前に一杯。私オレンジジュース。

10時頃、お出かけ。

お隣の坊さんのいでたち。

おい、マジ、坊さんなのか?的なピンプシャツ。

飲むわ、踊るわ、からむわ、下ネタは吐くわ。

本当に普段、説法してる人とは思えない。
生徒さん何人も抱えて、毎日お経を読んで、説教してるのか、と思うと半信半疑だ。

不思議だ・・・。

遊びつかれて帰り道。
近所の木に生ってる桃を盗み食べる。すんげえ甘い。
結構汗かいたもんだから、超美味しい。

夜2時帰宅。
遊んで汗かいて野生の桃を食らうってあんまないよね・・・。

ああ、素敵な時間。

  • 2007/09/17(月) 07:33:21

朝起きて、枯れてる花を見て。
今日は活けてやる。とお花を調達。

適当にぱぱぱっと。ん、いいじゃないの。

お隣さん、珍しそうに黙って一部始終見てる。
にっこにこ。

午後、pearl stに行って、石鹸やらを買いに行く。
何の目的もないのに、ぶらつく。

ローカルの珈琲屋さんでChaiTeaを啜る。

あ、ヤバイ。空曇ってきた。
雷、雲の間からピカっとなる。

あ、雨来るな。と帰宅。

珈琲入れながら、ふんふん♪頭ん中ビョーク。

来た、雨大粒なの、来た。
淹れたて珈琲をすすって、屋根裏部屋から、そっと窓をのぞいて、「ああー・・・いっぱい雨降ってるねえ。」

今日マニキュア付けようかなー。
あ、布団の裾に香水かけよ。
久しぶりに字書こうかなー。
あ、お風呂溜めて、ゆっくり本読もう。


そんな時間が大好きです。

我輩は猫である。

  • 2007/09/14(金) 14:52:30

I am a cat. As yet i have no name.
の文頭から始まる文章を授業の一環で読んだ。

文学作品に一度も触れた事がない私には、新鮮そのもの。
読んだ感想。
「マジ、高校の時とか文学作品読んで置きゃよかったぜ。これで三島由紀夫とか読む日にゃ、死んじゃうぜ。現代語訳の本ねえかな。てか有っても無理じゃね?アマゾンか?アマゾるしかないのか?」

な、感じです。でも「我輩は猫である」は、こう、歯切れが良いというか、読んでて小気味良い。色んな皮肉が入ってる。そういう文学は読まされる前に読んどきゃ良かったと、激しく後悔の念。

ああ、高校時代、私何やってたんだろう・・・稲中読んでた。
こう、官能小説も読んでたかもしれない、あの時代。
教養的な匂いはまったくのゼロ。 アホ面で、げへげへ笑ってたあの時代。マジ、ヘソで茶沸かせる。

一昨日、黒澤明の「羅生門」を見た。
ふかっ!!! 一回見て、んん?結末どうなった?ってなって、急いで家に帰ってググった。ああ、ググったさ、情けない。 んで、20分後、「ああぁね」ってなった。も一回見た。

こっちでは、日本人より日本文学、邦画に詳しい人がザラに居る。やべえ、これから日本語教師になろうという者がこんな馬鹿でいいのだろうか。 ちょっとした焦燥感。 ごめん、かなりの焦燥感。

授業でなるべく、言いたい事を書いていって、持っていくんだが、追いつかない。 キぃー!! 悔しい。

もっとガツガツ行かなきゃなぁ。

日本語取っていて、周りの人から、「おいおい日本語取ってるぜ、あの黄色い奴。」とは未だ、なっておりません。

でも結構優しい方ばっかりなので、話しかけてくれたり、放課後、キャッキャ話したりとかしてくれます。有り難い事に。

今日も生きてます。

教授との出会い。

  • 2007/09/11(火) 12:41:38

週末に日本語の先生からメールが届いて、

「駒澤大学の生徒とCU生とで、ネットを通して
討論することになったので、是非、松井さんに協力してくださると助かるんですけれど。」

11月に、うちの日本語のクラスの生徒は日本語を使い、駒澤大学の生徒さんは英語を使い、トピックを作って、ネットでリアルタイムで、討論をする、と言う内容でした。

面白そうー!私何でもやりますから、是非使ってください!となって、

今日、日本語の授業の後、
駒澤大学の瀬戸岡 紘教授(経済学部で教鞭を取られてる)と、CUの日本語の教授と私とでミーティングをしました。

なんて面白そうな事をするんだろう・・・。
国境を越えて、自分らの勉強している言語で、意見を交わすなんて、しかも、Liveです。

こっちの午後四時、日本時間の朝8時に一時間、討論をする予定です。

私の仕事は、
もし、CUの生徒さんが日本語でうまく言い表せない時、などに助ける、最後のまとめの時に、サジェスチョンを入れる。

んんんー、日本語取ってて良かった☆
こんな面白そうなイベントに加われるなんて、めったにないなぁ。

そういうネットを通して国境を越えて討論をするのは、駒澤大学ぐらいだそうです。

他の大学は機材は持っているけれど、使わないらしい。
どうやら”大学事情”が絡んでる。

ミーティングの後、
教授が出版された本を直々に頂きました。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31645243

後でじっくり読もう。ご本人が書いてる本なんて生まれて初めてだ。

教授はボルダーを訪問して20年で、私よりキャンパスの事が断然詳しく、色々、建物を説明してくださったり、の教授が可愛いと思うイタリアルネッサンス調寮を二人で見に行ったり、本当に良くしてもらいました。
すごく気さくな方で、私も思わず、はしゃぎました。

「寮の写真を撮るから、真ん中立って」
ああ、この取った写真が駒澤の生徒に見られるのか、と思うと、化粧しとけば良かった、と思う。

千葉のことも詳しいそうで、色々、成田空港の事や、館山の事も話しました。

その後、教授が日本へ帰国する際に使うスーツケースを買うために、私の自宅に近いお店へガイドしました。

スーツケースが売っているお店への道中、色々なアメリカの経済と宗教観念、日本の学生、などをお話して下さいました。

一番印象に残ってたのはアメリカの中流社会の経済と宗教のリンク。

アメリカ社会にはキリスト教が浸透していて、切っては離せないもの。

一週間めいいっぱい働いて、日曜の朝に、すべてがリセットされるサイクルが適してる。

週の頭、日曜日に教会へ行って、リフレッシュして、、月曜日に、「さあ、働こう!」となるわけだ。

つまり、中流階級は”稼げる”

そういう話をしていた。
実に興味深い。


さて、目指すお店もわずかという時、日本語で会話していた私と教授に、日本人の方が、
「あれ、日本の方ですか?」と。

ボルダーを観光しにきた日本人夫婦二人とその旦那さんのお姉さんだった。

自己紹介やら、ボルダーの事で盛り上がって、30分ぐらい立ち話をしました。

その旦那さんのお姉さんは昔留学をしてたそうで、こっちに住んで長いらしい。

会話をしてるうちに、私の事を気に入ってくれたらしく、息子さんに是非紹介したい、と。

「あら?、私貴方をもらいたいわぁ?。息子自慢じゃないけど、大きいお家持ってるし、稼いでるわよー。ちなみに私の息子は37歳。私は大歓迎なんだけど、貴方若いから可哀想よねー。」

危うくお見合いしそうになった。でも三高らしいです・・・。

何かあったら連絡して下さい、と電話番号を頂いた。

んんんんー、出会いって面白い。
人との繋がりって何時、何処で起きるかわからない。

それにしても今日は面白い一日だった。

隣人。

  • 2007/09/08(土) 22:50:08

隣の人はチベット人。
仏教徒でいらっしゃいます。

日に2回、ドラムと共にお経が聞こえてきます。

しかし、気さくな方たちで、たまに家に遊びに来ます。

面白いほど明るい人。

ウチにある前の住人が残していったフラフープで遊んでみたり。
チベット語の隠語を私に言わせて、ゲハゲハ笑ったり。

たまに、食事一緒に食べないか、と言ってくれて、餌付けされつつあります。

毎日会話を交わさないことはありません。

この間、ウチに遊びに来て、仏教の事を少し、語ってくれた。

仏教の人が崇めてる仏像や絵、そういうモノは、人間の表情である。怒ってる表情、穏やか表情、焦燥感にあふれてる表情、そういうモノは、人間の心を表してる。

人間がベース。

だからいくら、仏に救済を求めても助けてはくれない。
仏教はもともと人生をよりよく健康的に過ごすための単なるガイダンス。

一心に願ったって、それは単なる他力本願。
自分でなんとかしないといけない。

それが一神教との違いだ、と。

現代社会、色々なストレスに悩ませられてる。電話料金、人との繋がり、学校、職場、金銭問題。

じゃ、他力本願じゃなくて自分でなんとかするにはどうしたらいいか。

そういう悩みを自分で消化するには、瞑想が必要である、と。


瞑想と言えば、ちょっと聞こえが悪いけど、要するに、自分と向き合って考える時間を作れ、と。

考えてみれば、私も瞑想めいた事はしてるなぁ、と。
だからいつまでも、意外とポジティブに生きてこれた。

なんとかなる、って思ってる。

でも、私は座禅を組んで、一時間じっとしてない。

じゃ、何をしてるかというと、絵描いてみたり、字書いてみたり、お花を生けたりとかしてるわけだ。

そういう時間は自分と向き合っていられる。

そういう事は人生にとって大切なことだ、と。

お隣のチベットの僧は言ってた。

あぁ、なんだか、make senseするなぁ、と思った。

私は日本人。仏教徒?と言われる事が多い。
「いや、違うなぁ」と今まで答えてきたけど、あながち否定できないなぁ。

自分の生活、経験、なによりも日本で育ってきた、って事自体、仏教、神道の影響は自然と私自身の中に入ってきてる。

お盆はお迎えするし、御朱印帳に朱印集めてる。日本に帰ったときには、お線香だってあげる。

それは小さい頃からやっていた事で、とりあえず、大人がやってるからマネしよう、と思った。

でも今はご先祖様がたぶん見守ってくれたりとか、するのかなぁ、と思ったりもする。

それに、私が生きてるって事は、ご先祖様が生きて、私に血を分けてくれた。今こうして色んな経験しているのは、ご先祖様が生きてたからこそ。

お墓参りとか、お線香は、ご先祖様に対しての感謝、かな。

そういうのってたぶん宗教だよね。

でも私の場合、信仰心が浅い。

仏教、松井は日蓮宗なわけだが、日蓮宗の理なんか、一片も知らない。
 
元旦にはお宮参りする。やばい運が無いと思ったら、神社でお払いしてもらおうかしら、とも思う。


そういうのって半ば文化の一種とも言えなくは無い。
面白いもんだね。

カテゴライズしなくても、まぁ、いっか。
今現在楽しく暮らしてるわけだしな。

チベット人の隣人が語ってくれた事で、そういう事を考えてた。

ちなみにそのチベットの僧は、踊る僧です。
やたらクラブに詳しい。あそこは、CUの学生が行くトコで、こっちは年齢層が若干あがる、とか。

「え、クラブ行くの?」
「行くよー」

普段は僧衣着てるのに、面白い人が隣人になったなぁ。
今度、お味噌汁とお寿司の作り方を教えます。

サバイバー。

  • 2007/09/05(水) 09:00:57

あれだ、結局ネットが使えず、ネット契約を交わした元職人は、カフェ生活を送っております。

カフェにいると可愛い女の子を良く見ます。
なんか、もう、舌なめずりしながら、あああ、可愛いのぅ、と一人ニヤニヤしてます。

ああ、頑張ろう・・・背が低くて足の長さは変わらんが、取りあえず、鎖骨が出るようにしよう。今鎖骨がどこにあるのか解らん。

ネットが繋がらないと話にならないボルダー校。
マックがやたら置いてあって、操作がわからない私。

あぁ。マック習っておくべきだった。

アサイメント、メールって。
あっふ・・・今だにワードのセットアップの仕方がわからない私は超ど級の窮地に立たされております。

でも、まぁ、毎日楽しく暮らしております。

ご飯も食べてます。
九十九里の先輩とその彼氏さんに、アジアンマーケットに連れて行ってもらい、うはうは。みりん、酒、醤油を購入。普通サイズのなすで今夜はお味噌汁だ!ホンダシしかないのがつらいが、better than nothing。てか、上等だろう。

日本食を買いあさったのに。
なぜかその晩はタイ料理を作った私。
なんだろ、白いご飯とお味噌汁とか作れば良かったんだけど、
妙にトムヤンクンが食べたくなった。
でも、これから煮物やら、もう作り放題だぜ。
ここ2ヶ月はそれで過ごしてやる。うひょう!!

雨が降ったり止んだりの気候には慣れ申した。
だが、教室入って、出るとき、どこがExitかわからなくなるほどの方向音痴はどうにかして貰いたい。

なぜだ・・・馬鹿なのか・・・?もう一週間たったぜよ。
そろそろロケーションに慣れてもいいだろ・・?

こういう時に何故か隠語をでかい声で叫びたくなる。
そういう衝動に駆られる自分を誰かに諫めて貰いたい。

私の部屋は2階の屋根裏。
あっちい。どーも、あつい。
ま、いっか。冬は暖かいことを願う。

週末の朝、剣山を購入した私は近所へチャリでお花を摘みに。
初活け。
楽しかった。日本でやった事、まだ続けてる。
こっちのお花、ゴージャズ。華やか。
日本のと違って、儚さがないなぁ。それも面白い。

いつまでお花活けられるかな。
すぐ冬が来ちゃうのかしら。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。