スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパへ。

  • 2006/08/28(月) 14:50:09

一番記憶に残ってるのは、毎週日曜におじいちゃんの家に行く事でした。

「よくきたな?」って皺をもっと深くして笑っていた小学生の頃。たまに居間の隣にお布団を敷いて泊まる日には、おじいちゃんがサンドイッチと珈琲を青い芝の上にテーブルとクロスでブランチを用意してくれました。

「どうしてそんなに皺があるの?」「のっぺらぼうっているの?」そんなことを聞く私に笑っていました、気持ちのいい、笑顔でした。

応接間にはフルート、電子サックス、オルガン、そして大きな鯨の絵。引き戸の中にはタスマニア物語が入ってました。いろんな所を開けたり触ったりしていたのに、自由に遊ばせてくれた。

おじいちゃんは私や姉を叱った事がなかった。せっかく干していたカーペットを水浸しにしちゃった時も、叱咤しなかった。

弟が生まれた時には本当に嬉しそうだった。おじいちゃんが呼ぶ「麟太郎」っていう言葉は耳障りが良かった。

おじいちゃんの家の隣に引っ越してきた時は毎日家へ遊びに来て、鯨の話をしてくれたり、ASUKAの話をしたり、船で帰ってきた時のイクラの美味しさを語ったり、珈琲を本当に美味しそうに飲んで、CABINをうまそうに吸っていました。

お父さんと弟の名前が区別できなくなってきた時、私はおじいちゃんとどう接したらいいか分らなくなった。おじいちゃんを小さい子のように接するのが嫌だった。弟とあっちむいてほいをしてる時、実は、あんまりいい心地はしなかった。

だんだん小さくなるおじいちゃんと、だんだん大きくなる私のギャップに辛いと感じる時があった。

おじいちゃんが入院してから私は三回しかお見舞いを行ったことがなかった。
今年の夏にお見舞いにも行かなかった。行けなかった。私の事がわからないおじいちゃんにどう接すればいいか。呼んでも答えてくれない。ただ、息をして眠ってるおじいちゃんを直視できなかった。

でも、おじいちゃんのことは大好きだった。
サンドイッチの味、珈琲をすする時の顔、鯨の話、全部全部好きだった。
おじいちゃんはいつでも優しかった。

死んだ人は、最後に会いたい人へ飛んでいけると聞きました。
「パパ」って呼んでみたけど、来てくれるかな。

イチジクが好きだったなぁと思い出してアジアンマーケットへ行ったけどなかったよ。だから代わりにナシを買ってきたんだ。珈琲も置いてあるよ。
おじいちゃん、私おじいちゃんの孫でよかったと思うよ。パパの事、思い出すよ。忘れないよ、絶対。アメリカ、ちょっと遠いけど、寄ってくれる嬉しい。

スポンサーサイト

最近の出来事。

  • 2006/08/25(金) 08:18:07

ビザを忘れたあの日から、家の事や授業で忙しい毎日を送っていました。
そしてyou tubeの日々。ほお、叩くねえ!(ぷ)

ゾウの観察に付いていったりもしました。楽しかったです。
夜中の2時に家を出て、ZOOに行って、ゾウが何をしてるか逐一メモる、とか。

ゾウが寝るときは、おならするんです。
ちょっと水っぽい音。横になる時お腹が圧迫されて出ちゃうらしいです。
恥ずかしいですね。でも、ちょっとセクシーとか思いました。終わってます、自分。
20060825081735.jpg





さて学校の事ですけれども、

Of course I became a TA at the kanji class in this semester, too.
However, there are problems at the kanji class.
We have a new teacher in this class, and we got 3 levels, 1st 2nd and 3rd levels, the class is too huge, whew.
Our new teacher cannot handle students.
Some students complain about how to organize the class.
Besides, we have to cover one chapter within an hour. That’s…kinda tight.
Some students are able to do finish work, some are not.
これはTAの力量にかかってるぜ。
I wish I can back up the task that the new teacher has to do in the class.
As u know I cannot teach students cuz I am a TA.
There was an idea from a teacher that I am able to teach class, but ダメでした。

We’ll see how the things going on, yeah? がんばれTA。

飛行機に乗れなかった件について。

  • 2006/08/04(金) 20:14:35

あらら。九十九里にまだいるんですけれど。
およよ?

ビザ、忘れちゃったので、本日のご搭乗ができませんでした。
とどのつまり。飛行機に乗れませんでした☆

パスポートの新発券をして新しいパスポートを持っていった私。
古いパスポートにビザが残されたまま、九十九里の戸棚の奥にひっそりとその身を残したまま。

おおお・・・ビザないまま空港に行って、ANAのお姉さんにダメだしを出されました。そのままパフェを食べながら、弟と、
「そうだね、プロテインだね☆」っとキャッキャしてました。

慌てて、SFの空港に迎えに来てくれる人に連絡しました。
電話の掛け方わかりませんでした。
お母さんに掛けてもらいました。

母「あ、もしもし?松井です。母ですけどぉ。娘が飛行機に乗れなくなっちゃったんですよ、このバカが!」

向こうは深夜だったのに、開口一番家の母で、すいません。
むしろ飛行機乗り遅れてすいませんでした。もうしません。

最後の晩餐。

  • 2006/08/04(金) 11:52:59

いつもの木曜日。スーツケースと格闘する木曜日。
父が釣りに行く木曜日。
うちの父が釣ってきました、鯛。真鯛です!
madai.jpg


父の釣った魚を食べるのはもうしばらく無さそうです。
最後に鯛が食べられて良かった。
長らく、お父さんお母さん、お世話になりました。
お父さん泣かないでね☆

最後の晩餐にはふさわしく、おなかいっぱいに真鯛をいただきました。
げっふ・・。も?食べられな?い。

そんな午後、奴はやってきた。
今年の夏に再会したタケちゃんが家にやってきた。
お茶とか出しつつ、うちの母親とも会話を交えつつ。

母「タケちゃん、一皮むけたんじゃな?い」
タケちゃん「そりゃあ、成人男性っすからね。」
私「タケちゃん、それちょっとセクハラじゃない?」

母、タケちゃん「????」

ちょっとアドバンス過ぎたかな。むしろ自分の思考回路おかしくない?
も?恥かいたし。

というか、タケちゃん、地元のお祭り前に帰るって言うことを律儀に覚えていてくれたのか、と思った。嬉しいことよ。来てくれてありがとうな。

今年の夏は地元の友達と縁がありました。
家でごろごろしているだけと言っちゃあそれまでなんですが、帰ってきて、「おかえり」と言ってくれる友達がいることはなんとも嬉しい事です。

ゲーセン連れて行ってくれたり、映画観に連れて行ってくれたり、泊めてくれたり、遊びに来てくれたり。おじさん楽しかった?。

ありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。