スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

homey!!

  • 2006/01/31(火) 18:37:12

懐かしいhomeyから連絡があった!
地元で中学校が一緒で、同時にエロ仲間でもあった。
私のネタの原点でもある人だった。巨匠と心の中で読んでいる。
中学の頃は隔てなく、どんな人にも人気があった。


すごく優しくて、考え方が大人で、
この人は人の痛みとか苦しいって言うことを知ってるなって思ってた。
だから、その分人に優しく出来るんだろうなって思ってる。尊敬に値する人物だ。


中学のときは、そんなにべったり仲良かったっていう訳でもなかったんだけど、高校のとき、夜電話とかして、最近どうよ!?みたいな話をしてた。

大事な地元仲間だ。忘れるもんかい!

高校を卒業して自分は上京。その彼は就職。
高校の時年賀状を毎年送っていたのだけれど、住所が分からなくて。

大分ご無沙汰だった。

一回、岩下志麻似のお母さん見たさで、彼のお兄さん(塾の先生だった)に科学の勉強を手伝いしてもらうことで、お宅に訪問したことがある。

その時に、お兄さんに、「うちの弟をよろしくね」と言われて、
なんだかか、メチャメチャ恥ずかしかったのを覚えてる。

心中、マジっすか!?の一点張り。超緊張。超fucked up。

あの時、もっと、おっぺせば良かったなぁ・・・。
すげえ、片思いだったのだ。

そんな彼からの連絡を何度も読み直しながら、ほくそえんでいる今日この頃です。

スポンサーサイト

お母さん、お誕生日おめでとう。

  • 2006/01/30(月) 12:19:11

DSC00230.jpg


操さん、私がこっちに居るうちに早く来てしまいなさい!
お母さんが何歳になったかなんてもう覚えてないよ・・・。
私の記憶からすると誕生日は35歳で止まってます。

そ、それでいいんだよね!
うん、今年お母さん35歳だよね!?

いつもいつも、本当にありがとう。

それでは小話を。

一番記憶の奥にある、お母さんの記憶、たぶん、一番クリアに覚えてるやつ。住んでいた茂原の家の記憶かな。

風で寝込んでいて、熱っぽくって、吐き気があって。
テレビの部屋の隣に寝ていて、枕元には、緑の桶。
緑の桶はいつでも吐いていいように、ティッシュが敷き詰められている。私は白っぽいパジャマを着ていて、口の中は胃液のにおいがして心底気持ち悪いときた。


気分も最悪。早く幼稚園いきてえなぁー。

あの江口君、もてるよなぁー・・・。好きなんだけどなぁ。
江口君は足が早かった。

スカートめくりされないかなー・・・。

(当時はどうして男の子がスカートめくりするのか、知ってた。女の子にキャー!って言わせたいだよね。もう!H!とか言いながら、こいつ、気があるんじゃねーかと、ほくそ笑んでた。うわ!この悪女ぶりを今発揮したいトコだぜ。幼稚園児にしてはマゼガキだ)

そんな時、体ががくん!ってなった。
すごい地震で、ぎゃおん!って思った時に、体が、ふわって浮いた。

黄色いセーターを着た母親が、私の体を担いで、外に向かって駆け出した。家の中ではすごい音がして、母親、びゅん!って表に出た。

そこで記憶は止まっているんだけど、母親の黄色いセーターがすごく鮮やかで。表にでて、私の体に半纏をかぶせてくれた。黄色いヤツ。


最近の母親の新しい記憶はね。
鴨川の家を父と私と母で見に行って、昔父親と母親が住んでた所を見てみようツアー。

あちこちを回っていくたびに、色々な逸話を聞いた。
「あ!ここがね?」 「そこでさぁ?」 「一人で泣きながらさぁ?」

そのときの母親の声音が、なんだか、自分の知らない声だった。
母親と娘の会話じゃなくて、一人の人として話してる口調。
私の生まれる前の出来事を話す母親はなんだか、不思議だった。
母親、妻、その前に、人であって、私は母親と対等に話せる歳になったんだなぁって実感した瞬間だった。

この二つの記憶にすごく大きく違いがある。

昔の記憶の母親は、母親、でしかない。

でも、今の新しい記憶は操さんだ。
母親ではなくなったというわけじゃないけど、今は操さんと呼びたい気分だ。


ていうことで、操さん、早く留学しようぜ!
バックアップは任せてください!





to my bro

  • 2006/01/15(日) 18:09:00

DSC00229.jpg


あれだけ一生懸命勉強したり、練習したんだから。
これから公立、私立、まだまだあるけど、
上手くいくさね。

最後の最後まで大事な時期なのにドタバタさせちゃってごめんな。

成高OB、麟の姉ちゃんとして、できる限りの念を送っておく。
えんぴつは使わなくてもいいから、願かけに 試験当日まで持っておいて。

しっかりやれよぅ!!

怒涛の冬休み。

  • 2006/01/10(火) 01:20:52

アメリカから友達が来たのね。
rodとJared。日本語のTA繋がりで友達になったのさ。
んで家に呼んで東京観光とか九十九里、お寺めぐりの旅。

名づけて、gaijin ツアー 2005と6。
色々な所を引っ張りまわしました。
すいませんね、おいら、彼らに自由を与えないで、連れまわしちゃったさ。ごめんよぅ・・・・。

成田山のお寺。
珍しく家の父が車出してくれて、ウナギをご馳走してくれました。
どうした父。私には優しくしてくれないのに!

SANY0082.jpg


東京一日、日帰りツアー九十九里発。
原宿に行ってきたよ。ラフォーレミュージアムに行きたかったのに、しまってた。っち。でもいいもん。買い物ちょこっとした。ぐへへ。

SANY0157.jpg


地元の友達と仲良くさせていただきました。
ロドリゴ、おじさんの友達に手だすなっつの!電話番号とメアドも聞くな!そして口説くなよっ!

SANY0193.jpg


実家に帰ってお正月。見すぎ・・・

SANY0001.jpg


着物みんなで着て3分で写真会。着替えるの早かったぜ。
んでもってロドリゴ似合いすぎだよ。お前は中年か・・・?


SANY0171.jpg


おばさんの家にお邪魔いたしました。
おじちゃん・・・・普段は静かな方なのに、どうしちゃったんだろう。
この写真は松井家の家宝になりました。
SANY0034.jpg


東京と来りゃ新宿の歌舞伎町っしょ。
SANY0066.jpg


てかねすごいの発見したの。
UCLAに申し訳ないあっち系のお店っす。馬鹿笑いしたね。

SANY0067.jpg


それでロドリゴ、例のブツをご購入。

SANY0086.jpg


それにバカ笑いの母。


SANY0089.jpg


東京でお世話になりました。
母方の親戚一同です。本当に有り難うございました。

SANY0101.jpg


そして彼らは横浜の旅へ。
おじさんは行かなかったよ。
何してたかと言うと、やつらに内緒で寿司食ってたさ。
ぐへへへ。


つーかね、彼らを連れまわしちゃって、自分でスケジュール決めちゃってさ、申し訳ないことしたよ。本当にごめんね。too muchな事しちゃった。反省なんです・・・ごめんね、疲れさせちゃって・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。