スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一、日本人。

  • 2005/06/28(火) 19:44:08

夜、男前なお兄さんとコーヒーを飲んでて、乙一という作家の小説と、韓国の友達の話と、自分が日本人であることを受け止めなきゃいけないという事を思い出した。

乙一の話は、
ある教師が厳しすぎて、小学生の生徒が反感を持った。それに気づいた教師が取ったある政策とは、一人の生徒を集中的に苛め抜いて、他の生徒達に安堵感を与えることだった。

学校の中で、自分より位が低い人間を見下し、自分の位置を確認し、安心感を持つ。

つまり、学級の中で、えたひにん、を作ることだ。

(えたひにん、とは差別用語で使ってはいけない言葉。本当にすいません。自分のボキャブラリーが少ないがためにproperな言葉が浮かばないことに対して、腹が立ちます)

江戸時代の頃、飢饉で年貢が上がりっぱなしだった時に、政府が提案した策がえたひにん制度。

いまだ根強く残り、傷跡は残る。




近代の日本、戦火の中の日本。
厳しい政策の中で日本国民はそういう事をし、生き延びた。
自分より格下の人を作り、厳しい政策に耐えられるようにした。
いうなれば、日本国民たちに、はけ口のようなモノを与えた。
それが日本に住んでいる韓国の人々。

差別用語もまだ現代生きてる。

世界大戦真っ只中、韓国の人への概念は日本軍の兵士達の心に住み、虐待、虐殺をした。



そういうcruelな事をしたのは消せない事実。
次の世代に伝えなきゃいけない事。


そういう事実を私達、as Japaneseで受け止めなければいけない。

私は日本の国旗を背負ってアメリカで生活している。自分のありかたに誇りをもっているし、それが私のすべきことで、忘れてはいけない事。胸はって、私は日本人と言えるように。

今私はアメリカで勉強できるという幸運に恵まれて、平和に日々を過ごすことができる。日本人として、一個人として、受け入れてもらえてものすごく助かり、いとおしい。

でも

アメリカに来て、韓国の人に飲み会の席で言われたことを思い出す。

「俺、アメリカに初めて来て、日本人と一緒に勉強していくのに抵抗を感じた。俺達は親から、学校は日本人が汚いという事を刷り込まれてきた。知ってる?日本兵は俺達の皇后を強姦して殺したんだぜ」

正直ぐうの音もでなかった。そしてそういう事実を知らなかった自分を恥じた。何も言えなかった。「なんで知らんの?」といわれて、穴があったら入りたかった。
家に帰って、歴史資料集を引っ張り出し、調べた。小さいコラムに載っていた。

韓国の友達が習った歴史と日本で習った歴史は、当たり前だけれども、違う。でも、私知らなかった。知らなかったんだ。

いまだ、韓国の人は日本を憎んでいる面がある。

もう、昔だし、お爺ちゃんお婆ちゃん世代がやったことだし、俺らなんもしてねーじゃん、とは言えないよ。

だってwe are Japanese!だろ???

私日本人の血が流れてる、日の丸背負って生きてるからさ。背負っていかなければならない十字架であると思う。

反日運動はいまだに起こっている。

歴史を知らなきゃいけない。
起こった事実を受け止めなきゃいけない。
その上で、どうするかを話さなきゃならない。


まだ私は歴史をよく知らない。何にも分かってないし、何も見てない。自分でも恥ずかしいと思うよ。無知だしよ。

だからさ、もっと知ろうと思う。




スポンサーサイト

家族へ。

  • 2005/06/26(日) 01:47:38

昨日、寝れなくてよ。
父親、母親、姉ちゃん、弟にメッセージ書いたからよ。
ちっと、こっぱずかしいな。
九十九里弁で書いたかん、分からなかったら教えたいさ。

父へ。DSC00118.jpg


母へ。
DSC00119.jpg



姉ちゃんへ。DSC00121.jpg


弟へ。
DSC00120.jpg



最後に地元へ。

DSC00122.jpg

お習字。

  • 2005/06/25(土) 19:58:18

最近、はまってるのが、お習字。
たっくさん書いて。書いて、書きまくって。

字体が気に食わない。
楷書、隷書を書いたけど、
ど?しても、しっくりこない。悩んだ結果、自由に書いてみることにした。そしたら、面白くなって、楽しくて、自分らしくて、
習字が大好きになった。

なにか、自分で物を表現するのが好きで、でも几帳面なA型な私は、型から外れて創作することが出来ない。

絵を描いていても、やっぱり、贋作になる。
だから自分でいつまでも納得できない。自由に創作して書くっていうのが出来なくて、自分のあり方まで、フィロソフィーしてしまう。

でも、筆を握って、一時ずつ書いていく作業は、その殻を打ち破った。
書くたびに、子供が新しいおもちゃを手に入れて始終遊んでる感覚。

純粋に、自分の楽しさのために、褒められたいとかいう邪念以外で。本当に、私の趣味で、Happyな気持ちでで書いた。

小さい頃、あんなに苦痛で、”先生のため”の習字をしていた頃とは大違い。今は自分のために字を書くことが出来る。

誰かに見てもらいたい!てのはどこかにあるけどね・・・
げへげへ。

DSC00113.jpg

DSC00115.jpg

DSC00117.jpg

アイデンティティー。

  • 2005/06/24(金) 20:25:47

私の父親は獣医で、小さい頃から尊敬していた。

子供の時に感じたすごい!って言うのと、今思ってるすごい!は違っているが、やっぱり、うん、何はともあれ、respect.

三段階を踏んで今の「尊敬」に至るけどね。

段階一。
小さい頃は。
「お前の親父獣医か。すげえな」
「動物病院の娘だろ?」
とか言われた。話の種になるから。なんか嬉しかった。
自慢だった。

段階その二。
ある時、それは自分がすごい訳じゃないと知った。
だから、近所のおばさんたちに、
「あら、動物病院の娘さんよね?」と言われる度に、
私自身のアイデンティティーがない事を知って、悔しかった。
そのおばさんたちは、私が獣医の娘じゃないと、声をかけてくれない。父親が有名であるわけで、私は単なる娘だけ。私は何も能力がない、ただの娘だった。

段階その三。
何年か前ぐらいから父親と二人っきりで話をするようになり、父親がどうやって獣医になったかの経緯、その時苦労した話や不安を少しずつ聞いていく過程で、
「父親は苦労して獣医になったんだ。獣医になった背景はやっぱり辛い話が潜んでいる。努力と決断で開業したんだ」と思うようになった。
そして、
「私も悔しがるだけじゃなくて、私は自分に誇りがある人になろう。親の名前を傘にして生きるよりも、私は私らしく在りたい。それに親がすごいからコンプレックスの塊で生きるって、人間ちいせえよ。でかくなれ。」ってね。

今は近所のおばちゃんたちに、
「あら、動物病院の娘さん?うちの猫がね?・・・brah brah brah」
と言われても、素直に答えられる。
(いや犬猫の事はわからんけども・・・)

今日友達と話をしていてふと自分はコンプレックスの塊だなぁと思った時に思い出した話でした。
兄弟の真ん中はひねくれるぜ。
コンプレックス少しずつ直していこう。


ふう・・・。

  • 2005/06/22(水) 13:43:37

日本から帰ってきて、久しぶりに一人でいる時間が出来た。
最近自分の事を考えるようになって、
落ち込んで、
悲しくて、
悔しくて。

そんな感情が湧き出てきた。
でもそんな感情につながるのは、
「頑張ろう」の言葉につながる。

もう悩むのは飽きた。
あとは前に進むしかないよね。
自分のすべきこと、目の前にある現実を受け止めて、
必死こいて頑張るしかないさ。

いやね。昨日映画見に行って来たんだけど、半分ぐらいしか理解できなかった。それがものすごく悔しくて、友達に全然わかんなかったよっていって笑ってたけどやっぱり、すごく悔しくて。

朝起きて、学校に行って中国語のクラスメートの人と立ち話をした時も、相手が、一生懸命私の英語をキャッチしてくれる、優しさにものすごく、自分自身に苛立ちを感じた。
なんで出来ないんだろう?もう2年もいるんだろ?

頭ん中、ちくしょう!でいっぱいだったのさ。
一日中落ち込んでた。

それで、私は今家に帰って来て、もう、そんな落ち込んでる自分が嫌なのさ。悩んだって意味ないじゃんか。

出来ることやれよ!!悩んでる時間が惜しいね。
悔しいんだったら、やれよって。

うおっし!必死こいてやんべ。


PS.
日本から帰ってきて友達が遊びに来て、お土産渡しつつ、
日本から持ち帰ったawesome stuffを披露。

習字セット。自分は一応かじったことがあるので、自分でも書いてみたけど、うわ、へたっぴだぜ・・・。
先生ぶって教えてたけど、すいません、あたしゃ、あんまり上手じゃなかったさ。うう。一人で書いてみんべ、後で。
DSC00110s.jpg

DSC00111s.jpg

千葉房総を暴走。

  • 2005/06/10(金) 07:29:12

SANY0063s.jpg


あらやだ、面白くないタイトル・・・。
家族4人で千葉の暴走、館山という所に旅行してきました。

一泊でしかも、千葉かよ。と思っていたら大間違い。
ものすごくいい旅行でした。

出発は車に飛び乗り、お菓子を買い込んで、
CDはMroon 5の Sunday morningね!と大はしゃぎしながら、
インターに寄ってうどんを、しこたま食べたり、
浜辺に下りて磯遊びをしました。
うみうし、イソギンチャク、かに達と戯れつつ
野生児のように岩場を飛び回り、棒を見つければそれで色んなものをツンツンしたりしてました。(もう21歳です

その後お宿について、温泉三昧!!
母親と私で一番風呂だったので、デジカメタイマーで一緒に入浴シーンを撮ろうとしたが・・・母親素っ裸でトトトと浴室を駆け回るしまつ。グッジョブ50歳!撮れなかったね、良い絵が!

夕飯はゴージャスだったよ・・・始めてのお部屋食。

あのよ、こんげ旨えもん食った事なかったかん、大はしゃぎしたいえ。伊勢海老ってよ、甘えのな。それにしてもよ、アワビなんか食った事ねえださ。火の上で踊ってたかん、腰抜かしたさ。もう一回あの料理食いたいっぺさ。

すんごい豪華料理。中居さんが、「残される方が多いんですけれども・・・」と言っていたが、松井家の胃は人並みサイズではなかったので、完食させていただきました。ゴチ。

そのあとお布団の上をゴソゴソして、弟と掛け布団に包まってコショコショ話をしてたら、父親が仲間に入れて欲しかったらしく、奇襲をかけてきた。全力を持って攻防しました。だってねえ・・・。フガフガしてるんだもん・・・。

翌朝は帰路に発つ途中で両親が20年前に住んでいたという鴨川に昔の家探し!をした。
結局壊されていて無くなっていたけれども。昔話や逸話を聞いていてなんだか、不思議な気分。

私も何十年か、したら子供に
「昔ここに住んでいて・・・」て話すのかなー・・・。

こう、日本を回って日本を満喫していると、アメリカに帰りたくなっちゃう。あ、こんな場所があったのか。見せてあげたいな、とかこのご飯食べさせたいなとか。お酒でも交えながらお土産話をしたいな、と切実に思いました。

やっぱり私の拠点地はプレザントヒルだっぺ。

結婚して子供ができたらプレザントヒルに子供たちを連れて、ここがお母さんが住んでた所ださ。とか言うのだろうか。
うう?ん、なんだか良さげ。

そんなこんなで日本での大イベントは終了しました。
本当にのんびり出来て、いっぱい話もして、まさに一家団欒だった。有難うございます、連れて行ってくれて。

  • 2005/06/05(日) 02:43:50

風邪で予定をキャンセルしたもんで、家にいる。
引きこもりです。ヒッキーっす。

姉さん事件です!並の出来事おきね?かなと思っている今日この頃です。

友達はみんな忙しいし、弟は学校やら、塾やらで、構ってくれません。ラピュタのムスカの物真似をしても、コアすぎて、弟は笑ってくれません。


私がスーマリでクッパにてこずっている時に母親となんだか真剣な話をしました。



自分をもて。

やりたい事、したいこと、夢をかなえて、人間大きくなってこい。日本で出来ない事、友達をたくさん作って価値観を広げる。

私は恵まれている。両親が海外に私を出してくれている。英語学校、コミュニティーカレッジのお金も出してもらっている。

ここで挫折はしたくない。親のためだけではなく、自分のためでもある。そういう幸運なチャンスにおけるアドバンテージはしっかり握る。放さねえ。転んでも只じゃ起きねえさ。

自分は出来ない。出来ないなりに努力もしなきゃいけない。
それは自分の誇りになるように。胸張って、自分はいい経験して学んでいると言えるように。

後悔なんかしたくない。やるべきことしっかりやれ。


そんな事を延々と話していました。
日本に帰ってきて親と一緒に居てやっぱり、またアメリカに帰って頑張ろうと思う。

またすこしチャージできたかな。




風邪っぴき。

  • 2005/06/02(木) 18:26:03

最近体の調子がおかしくて、咳をしたり、鼻水がちゅるりんと出てたりしてました。

アレルギーだろう、とのん気に構えていました。

そして、とうとう今朝、熱を測ったら、
(昔から熱を測るのが好きで、30分に一回、ウキウキして計って、”おかぁさ?ん!熱がある!”と目を爛々させている。)

あらら、37・5度
朝で7・5分か・・こりゃ、上がるな。

今回は嬉しくなかった。
だって明日可愛い女の子とデートの約束をしてたんだ・・・。
お茶して、ぶらぶらしてっていうのが一番の楽しみなのに。

予定がたくさんあって、風邪なんか引いている暇ないのに・・・。今日の夜はジャズ聞きに行って、明日はデートで、週末は地元仲間と遊びにご飯食べに行って、塾に行って生徒たちと先生と元バイト仲間にあって・・・


ううう・・・ちくしょう!!

半分の予定がキャンセルじゃねえか!
なんだ、なんなんだよう!!

悔しいので、アイスとポカリ買って、マリオ3をやったね。
スーファミがうまく起動しなくて、ソフトの裏をふっと息を吹いたり、動け!と念じてたりしました。

それはそれで楽しかったんだけれども。
明日のデートがキャンセルかぁ・・・。
今夜のジャズもおじゃん、かぁ・・。


早く治さないとな。


PS

今、花田家の話で世間が騒いでいるけど、なんだか、変だなぁと思う。
二子山親方の元奥さんの藤田憲子さんがコメントをしていた。「元の仲良かった兄弟の姿を望んでいる」と。

おかしくね?かな。だってお葬式だよ?なんでそんな場所でさ、兄弟が不仲とかなんちゃらかんちゃら。

喪主がどうしてお兄ちゃんなんだ、とか。
貴乃花が親方だから、弟が喪主になるべき!とか。

ど?でもいいっすよ。心の底から弔えばいいんじゃないのかな。今までありがとう。これから俺たち頑張るよって。

それだけじゃだめなんだよね、世の中は。理解はしてるよ。
でもお葬式に持っていく話じゃないと思う。

うう?ん、世間はcomplicatedだなぁ。




SANY0018s.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。